スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チワワン奏音の旅立ち ~闘いの始まり~

🌈チワワン奏音(2007.8.1-2017.5.19)の最終楽章を綴っています。🌈




毎年受けている健康診断。
いつも春に受診しています。

以前は病院へ行くといえば、健康診断、フィラリア検査、ワクチン接種、狂犬病予防接種の時くらいでした。

ここ1~2年程は、月に1~2回病院へ行くようになっていましたが、
治療というよりは、経過確認とメンテナンスのためでした。

<Lime>
老化に伴う気管虚脱のため、定期的なネブライザと症状に応じた処置。
1ヶ月安定している時もあれば、1~2週間でしんどくなることもあり、特に季節の変わり目は注意しています。

<奏音>
僧房弁閉鎖不全症で、毎日お薬を飲むことが必要なため、1ヶ月分をまとめてもらう。
薬でコントロールしながら付き合っていく病気でしたが、幸い奏音は、咳や痙攣など目に見える症状はありませんでした。

このような感じで、2ワンともに、病院へ通うようになったので、
その時に気になることがあれば相談し、爪切りや耳掃除なども、美容院ではなく病院でしてもらう。
これが最近のライフスタイルでした。



定期的に病院へ行くので、私の中でどこか「安心」していた部分があったかもしれません。




いつもの健康診断に向かうLime&奏音。











前回のブログにも書きましたが、 奏音は、もともと食にムラがある。
特にお薬が入っていると敏感になります。
最近また食べないタイミングに当たっているけど、
”心臓のお薬が嫌すぎるんだ。” ”お薬を飲んでくれる方法を見つけよう!”


その程度にしか考えていませんでした。





先生に、最近また食欲がないことを伝えて、
いったん、いつも実施しているベーシックな健康診断を開始。
すると、奏音の血液検査に異常が出ていて、詳しい検査をする必要がある状況。
その場でお願いしました。



より詳細な血液検査の結果、数値を吹っ切っていて、計測できない数値が出ている。
結果を見た時、素人目に、数値が異常だということはわかりました。



先生や看護師さんは、冷静に対応してくださるも、『普通』ではない状況なんだということが空気でわかった。
レントゲン、エコーと検査は続きます。


心はドキドキしてるけど、表面に出すことはできなかった。
表面に出したら、自分が壊れてしまう。
奏音を守れるのは私だけ。
私が壊れる訳にはいかない。




でも、、、






厳しい現実が突きつけられる。





「いつ何が起こってもおかしくない状況です。」



・・・・・・・ど・・・う・・・い・・・う・・・こ・・・と・・・?・・・?・・・?・・・・・・






黄疸が見られる。
黄疸って何?!という無知な私。


この「黄疸」という症状・・・  私は、気付けなかった・・・ 
私には、普通の肌の色に見えていた・・・

エコーのためにお腹の毛をカットされましたが、
それでも、言われてみれば黄色がかっているのか、、、
でも言われなかったらわからない、、、
そんな感じでした。



それって、そんなに悪いことなの???





胆管閉塞、胆嚢破裂の恐れ。
肝機能に障害が出ているので、24時間点滴が必要。
外科手術が必要になると思われるが、心臓疾患があるので、リスクが高い。
命に関わる状況。



細かい言葉は記憶が曖昧。
ただ、ただ、奏音とずっと一緒にいたい。
ずっとずっとずっとずっと。
その気持ちだけが強かった。







通常の健康診断のつもりが、入院することに。





本当は入院なんてさせたくない。
一緒にいたい。
奏音を一人ぼっちにしたくない。
でも、命に関わることだから・・・
救う道が医療ならばそれに頼るしかない。



予想外の展開に、心の中で戦いながら、
入院する奏音としばしのお別れ。
先生が奏音に向かっておっしゃった「頑張ろうね」という言葉が心に染みる。
明日また来るからね。頑張ろうね。



まさか、一緒に帰れないなんて、考えもしなかったこと。

心の中が涙でいっぱい。

でも、涙を流す訳にはいかない。

強くいないと!

私しかいないんだから!

泣いちゃダメ!





当たり前だった日常が当たり前でなくなっていく、、、








予想外の闘いが始まりました。




※タイトルを 「闘いの始まり」としていますが、今思えば、奏音はもう少し前から闘っていたんだよね。
 本当の闘いの始まりの時に気付けなくてごめんね。。。





Instagram


関連記事
スポンサーサイト

【theme : チワワ生活
【genre : ペット

チワワン奏音の旅立ち ~たびたび起こる日常と異変~

🌈チワワン奏音(2007.8.1-2017.5.19)の最終楽章を綴っています。🌈



私にとって初めてのワンコはパグパグLime。
小さな頃から、食欲旺盛。
ワンコとは、皆そんなものだと思っていました。




ところが、チワワン奏音を迎えた時、その考えは覆されました。
ゴハンを出しても、食べない。
手で食べさせようとしても、食べない。

新しい環境に緊張していることも食べない原因ではありましたが、
慣れてきても、何でも食べてくれる訳ではなく、奏音に合うフードを探すのには苦労しました。
徐々に食べてくれるようになり、Limeが奪いそうになっても、ちゃんと怒るまでに成長。
それでも、時々食べなくなることはありましたが、そんな時は、フードを少し変えてみたり、
トッピング追加や手作り食にすることで、乗り越えてきました。



だから、奏音が"ゴハンを食べない"ということは、たびたび起こる日常でした。






ところが・・・




またゴハン嫌々病が出ているな・・・と感じたのが4月のある日のこと。
いつものことだと思って、特別視はしていませんでした。
実際、いつも通りの対応(トッピングや手作り食)で食べてくれていました。



5月に入り、GWはLime別荘で過ごしました。
Lime別荘では、だいたい手作り食にしているので、
普段なら市販フードよりもパクパクと食べてくれる奏音なのですが、
今回の滞在期間中は、食べる時と食べない時が出てきました。


「手作り食を食べないっておかしい・・・」


心臓のお薬を飲ませないといけないので
何か口にしてくれるものと混ぜる必要がありました。
奏音は、とても繊細なので、
お薬だけだと、口に入れてくれません。
騙し騙しフードに混ぜても、お薬だけ残します。
残す方が難しいくらい小さいのに。

お薬を砕いて、ミルクやヨーグルトに混ぜたり、
パンやお肉、野菜に挟んだり、色々やってきましたが、
学習して「ゴハン=お薬→嫌なもの」になってしまっているから、
お薬が嫌で食べなくなっているのかなと、
今思えば勝手な解釈をしていました。


食べないと体力もなくなるし、
心臓のお薬は毎日飲む必要があるので、
対策を考えないと。
Lime別荘から帰ったら健康診断の時に相談しようと決めました。




毎年5月に実施している健康診断。
今回も、いつも通りの健康診断のつもりでした。
それが、まさかの診断になるなんて・・・・・

夢にも思っていませんでした。







Instagram


関連記事

チワワン奏音の旅立ち



2017年5月19日9時24分。

最愛のチワワン奏音(かのん)が、息を引き取りました。

9歳9ヶ月19日を、美しく強く逞しく生き抜きました。

可愛がってくださった皆様、ありがとうございました。







ただ、あまりにも急なお別れでした。

突然の入院から退院、

辛かったけど幸せだった数日間、

そして私の腕の中で迎えた最期・・・




少しずつ、奏音の最終楽章を綴っていこうと思います。











Limeは約10年ぶりの1人っ子になりました。

私の心を200%感じとるLime。

いろいろ感じたと思うから、

不安にならないように、私がしっかり守ります。









関連記事
プロフィール

Angel

Author:Angel

シンガポールからやって来た食べること命のパグパグLime(ライム)☆(2003.9.27生 ♂)

繊細だけどとっても強気な妹分チワワン奏音(カノン)☆(2007.8.1生 ♀)

Limeと出逢って仕事も生き方も真逆に変えた親バカAngel☆

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ご訪問ありがとうございます!
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Lime・奏音・Angel関連
お・と・も・だ・ち
HP リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。